腎臓病の食事は高エネルギー低タンパクが好ましい

シニア夫婦

魚介中心の献立

食事

腎臓病の方の食事では、減塩や低たんぱく食が重要となります。魚介中心の献立としては、たんぱく質の割合の低いマグロや、低カロリーのかれいなどがおすすめです。副菜にはたんぱく質や脂質の割合の低いものが良く、香辛料や酢などで味付けすることにより、減塩になります。

もっと見る

病気と付き合う暮らし

2人のウーマン

基本的な考え方とは

腎臓は、体内の老廃物や水分をろ過し、必要なものと不必要なものに分けるという働きをしています。この働きが低下すると、不必要な物質が排出できず、悪化すると透析が必要になります。このように腎臓病は、最悪の場合命に関わることがある病気です。腎臓病の食事で気を付けることは、可能な限り腎臓に負担をかけないということです。腎臓病の食事の基本は、高エネルギー・低たんぱく食です。たんぱく質を制限するのは、分解される際に尿素窒素やクレアチニンなどが発生し、腎臓に負担がかかるのを避けるためです。また、摂取エネルギーが不足すると、体内のたんぱく質が分解され、結果的に前述のように腎臓に負担をかけてしまいます。更に、塩分を控えめにすることで、ナトリウムの排泄に伴う腎臓への負担を軽減することができます。

ストレスなく付き合う

具体的に腎臓病の食事療法を行う際の工夫を述べます。高エネルギー食にするためには、穀類などから糖質を十分にとることや、油脂・マヨネーズなどをうまく食事に取り入れることが必要です。低たんぱく食にするためには、腎臓病食品交換表を活用するとスムーズです。どのように置き換えればよいかもわかるので、便利です。また、たんぱく質をできるだけ抑えた、治療用の特殊食品も販売されています。食事制限で食べたいものを食べることができないのは、大変大きなストレスになります。同じように見えてたんぱく質が制限された治療用特殊食品に置き換えることで、ストレスの軽減にもつながるため、人気があります。最後に、塩分を控えるためには、香辛料やだしの風味を生かしたり、薬味を用いることで満足感を得ることができます。

楽しく食べて治療する

和食

腎臓病は早めの治療が必要であり、重症化する前に食生活の改善をする必要があります。低タンパク質で低塩分、高カロリーの食事を作る事が必要で、これらをしっかりと考えて作られた宅配サービスがあります。宅配サービスを利用する事で、食事を楽しみながら治療をする事が出来ます。

もっと見る

症状の悪化を防ぐために

食卓

腎臓病の食事制限は、塩分、水分、たんぱく質、ミネラル、適正エネルギーの摂取などが中心となります。医師の指示の下、管理栄養士と相談したり、宅配弁当などを利用しながら継続した食事療法を実践することが重要です。

もっと見る